So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ブランケット・キャッツ [雑事]

ブランケットキャッツ"が今日から始まる。
ちょっと前から(ここにも書いた)知っていたので、楽しみなのである。
猫派って訳でも無いけれど、原作を読んだときにはホロリとしたな。
重松清らしいテイストの小説だった。
ドラマは若干原作とは異なるようだけれど、その違いも楽しみたいな。
昨日は、ごごナマが番宣状態だった^^
西島さんがくだけた感じ、なのは前から知っていたものの、
吉瀬美智子があんなに天然な人とは思わなんだ^^
クールな感じな人かと思っていたけれど、案外ふわっとしていたな^^
番組には、出演するネコも同席?していた。
ただ、西島さんがだっこしていたむぎちゃんが、ごごナマの編集長と喧嘩してた!
このむぎちゃん、多分”The Covers"のにぼしちゃんだぞ!
ちょっと前に出産したらしいし、名前も同じだから、
きっと同一人物、イヤ、同一猫^^のはずだ。
なーんかそこも含めて、今夜からの放映が楽しみなはんちんぐでございます。

今朝のBGM。



週明けはフレパである。
ゲストがPerfumeだから、GIRLS盤から何かやって欲しいな。
出来れば”裸足のバレリーナ”あたりが希望だな♪



面白玩具 [雑事]

最近、巷ではやりのハンドスピナー。
実は我が家にもあるのだ。
といっても、普通に購入したのではなく、
ゲーセンでとってきた(UFOキャッチャー)ヤツ。
景品だから、バッタもんの可能性もあるなぁと、開封して確かめたら、
結構、廻る廻る。
粗悪品ではないことは確かである^^

しかし、よく廻る。(何度も言うが。)

廻る以外に、何のヒネりもないのだけれど、
ただただ廻る、で、それを見つめていると、
なんとも言えぬ充実感?、があるのだ。
無心に、梱包材のプチプチをつぶしていくと落ち着く、
あの感じに似てるかも。

こういう感じで、単純だけど楽しめる玩具がウチにはある。
今は何処か奥にしまってしまったけれど、Tパズルつーのも良かったな。
最初は何処かの旅館においてあって、はまったんだけど、
余りの面白さに、Fパズルという姉妹品も買ったのだ。

今朝のBGM。

グランプリ

グランプリ



”花ふぶき~愛だろ、愛っ。~”が、昨夜のおじゃMAPで流れておった。
季節的にはズレるけれど、BGMでスカパラが使われると、
気分が上がるな^^



京都で金平糖を買う [雑事]

今日は朝から雨でございます。
それも結構な量。久しぶりに朝からヒンヤリしているのでございます。

今日雨が降ることが分かっていたので、
昨日は京都に出かけておりました。
先日、ロームシアターへ行ってから、なんだか京都づいているのでございます。
(実は来週も行く予定なのだ^^)
前々から、緑寿庵清水が気になっていて、
昨日やっとこさ行くことが出来たのだ!
限定物に弱いはんちんぐ、
季節限定のヨーグルトのと、これまた歳時限定の七夕のと京都の夏風物詩のと、
3種買ってしまったのだ。
七夕のは、笹につるす感じの意匠で、笹に金平糖の小袋がつるされていて、
久しぶりに七夕飾りが出来るぞ、というわけで勢いで買ってしまった!
昨日は平日だったからか、お客さんもチラホラで、
じっくり商品を選べたのも良かったな。
和久傳といい、末富といい、
京都のお店は風情があるな。
別に↑のような有名どころでなくとも、
いわゆる町の和菓子屋さん、といったところでも、
季節を感じさせるお菓子がおいてあったりして、
歩きがてらそれを見つけるのも良いけれど、
昨日は結構暑かったのでそれは叶わず。
午後からは花見小路辺りにも行ったのだけれど、
やはり外国観光客の多さには驚いた。
ここは日本か?と思ったくらいだ。
で、本物の舞妓さんも見たな。
やはり、観光客のコスプレ舞妓とは全く違う^^
全体の雰囲気もさることながら、
決定的に違うのは、足さばきなのだ。
ともすれば、外股で、どすこい歩きになっているのが素人。
本物の舞妓さん(芸妓さん)は内股ながら、足さばきがスムーズなので、
歩き方もスムーズというか、早いのだ。
つーか、パシパシと観光客に写メされてたな。
慣れた感じだったけれど、そのせいで歩くのが速かったのかも。
去年、宮川町の方で見かけた舞妓さんは、
もっと素な感じで、町の一部に溶け込んでいたな。

今朝のBGM。

CHRONICLE(DVD付)

CHRONICLE(DVD付)



”Listen to the music"。
先日、パイロット版のメディアタイムズを観て、
フジの”1/365”も聴いたのだ。
脚本もヨーロッパ企画の人だし。
で、↑の”Listen~"のさわりもBGMで使われていたような気がした。



強父論 [雑事]

昨日はさすがに部屋の温度が34度という、
真夏もびっくりな温度になったので、初冷房となりました。
といっても、日中はなんとかしのいで、
夕飯時くらいからでございますが。
食事するときくらい、涼しいところで食べたいし。

さて、久しぶりに買った単行本、
”強父論”でございます。

強父論

強父論



そもそもは、先週のあさイチで著者本人(阿川佐和子)が紹介していた。
阿川佐和子のエッセイは前々から好きなので、
その父親とのエピソードは知っているが、
きっとこれにはもっとあれやこれや載っているに違いない!と。
で、実際その通り!
丁寧な口調で、毒気付きつつ
でも根底には父親に対しての愛情があるんだなぁと。
一気読みしてしまったけれど、
特に面白かったのは、名付けのエピソード、かな。
阿川佐和子自身よりも、お兄さんのほうが笑ってしまったな。

今朝のBGM。
”目抜き通り” by椎名林檎トータス松本
ジャムで紹介されていたけれど、ゴージャスでいて且つ、良い意味でのいかがわしさ、
キラキラした感じがPV前面に出ていた。
そもそもこういう曲調が好きなのかも。
だから”ララランド”にはまったんだよなぁ。



週明けから暑い!”小さな巨人”も終わった! [雑事]

昨日の暑さが夜まで残り、
ついでに今朝まで続いたせいか、
若干不快感で目覚めたはんちんぐでございます。
窓を開けたので、多少は通気が良くなった感じもいたします。

さて、あの顔芸オンパレードドラマ^^
”小さな巨人”も終わってしまいました。
ラストは、ま、収まるところにおさまったのかな、てな感じ。
というより、無理から収拾した感じにも思えたけれど。
手塚とおるがもっと確信に絡んでくるのかと思ったのに、
割とあっさりと、つーか、単に話を盗み聞きしていた人だった。
その割には、ラスト、本当の怪物は・・・とかなんとかつぶやかされていたし。
それにしてもボールペンキャップを蹴っ飛ばして、
配水管に転がり落ちる、って、
どんだけ凄い確率なのか、と小一時間問うてみたくなったよ^^

今朝のBGM。
宇多田ヒカルの”大空で抱きしめて”。
先週末から流れ始めた、サントリーの天然水のCM。
前の”道”も良かったけれど、
今回の曲も良いなぁ。
本人が山登って、大自然の景色が出て、つぶやきのテロップが出て、という
シンプルなCMの構成も曲の良さを引き立てているな♪



梅雨入りはしたものの [雑事]

梅雨入りはしたものの、
晴天続きの今日この頃でございます。
まぁ、洗濯する分には都合が良いけれど、
雨不足となると、困るところもあるだろうから、
そこそこ降ってくれても良いのかもしれません。
雨といえば、雨蛙を最近は見かけていないなぁ。
20年ほど前に住んでいた所は、周りに田んぼも少しあって、
家の近くにも用水路があったせいか、
何故か庭に雨蛙が迷い込んできていた。
あじさいを植えていたので、其処に居着いているみたいだったけれど。
その頃は、ガーデニングにはまっていたので、
ちょっとした花壇(まさに猫の額ほどだけど)には、
チューリップやムスカリを植えたり、
プランターにパンジーやビオラ、その他いろいろを植えて、
玄関先や壁面を飾ったりしていたな。
あじさいは実家から苗を持ってきて、植え替えていたのだ。
初めての一戸建てだったので、いろいろと思い入れはあったけれど、
定期的に引っ越す今の状態もそれはそれで利点もある。
まず、無駄な物は背負い込まない。
家の間取りは、モデルルームみたいなのには影響されないで、現実問題重視となる。
例えば、普段長くいる場所(リビング)が広くて、採光も良ければ、
総面積が多少狭くても快適であること。
東南角、よりも、西日が差しても日中陽が差すほうが、割と便利なこと。
等々、数えればきりが無いけれど、
少なくとも家選びは、雰囲気では選ばなくなっているな。

梅雨入りの話から大きくそれてしまったけれど^^

今朝のBGM。

渚



とうとうスピッツまでがコラボカフェに^^
すみっこだのリヴリーだののコラボカフェには行ったけれど、
ついにスピッツまでもが・・・。
でも”渚”イダーはちょっと気になるな。
行ってみようかな♪



山形のサクランボ [雑事]

昨日はEテレのサイトで、
ちょこっとだけフジの新曲のさわりを聴いた。
かとをさんらしい感じは伝わったな♪
早く全部聴きたくなったけれど、
取りあえずは日曜の(多分)エピソード0つーのを観よう。

サクランボの話である。
昨日のBGM、”夕闇をひとり”は、サクランボを買って、
街を訪ねる・・・という展開の歌なのだが、
これを聴く度に、サクランボが食べたくなるのだ。
でも国産のサクランボはお高い。
最近は、安価なアメリカンチェリーも出ているけれど、
それでも一パックの値段は、他の果物よりも割高な気がする。
で、たまーに、佐藤錦が安かったりするけれど、
甘みのあるのはごく一部で、だいたいがこーんな感じかなぁと、
自分を妥協させてしまう^^お味なのである。

しかしだ。

ついにわたくしも贈答用のサクランボを口にすることが出来たのだ!

入手先は割愛するとして、
クール宅急便で送られてきたのは、
箱ぎっしり詰まったサクランボ。
寒河江の”紅秀峰”という品種。
初めて聞く品種だけれど、これがまた美味すぎた!!
佐藤錦よりも甘みがしっかりしていて、粒も大きくて。
特にその甘さは、チェリー缶のさくらんぼか?というくらい、甘いのだ。
少しずつ食べようと思ったけれど、
惜しんで残しておいたら、傷みそうな気もしたので、
3日に分けて食べきった。(それでも3日かかったよ^^)
調べたら、”紅秀峰”って新しい品種らしいな。
サクランボと言えば、佐藤錦のイメージが強かったけれど、
こちらの”紅秀峰”、もっと市場に出て欲しい・・・。
サクランボづくしのはんちんぐ家だったけれど、
昨日のあさイチでは、良いタイミングで寒河江からの中継が入っていた。
中谷アナも特別出演したりして。

今朝のBGM。



かとをさんの新曲を聴いて、
思い出した”夏の大三角関係”。
そういえば、あさイチでもBGMで使われていたぞ、以前。



自転車の旅は新潟県に [雑事]

勧善懲悪とは真逆のドラマ
”CRISIS"が昨日で終わりました。
主人公たちがあの爆発の中、10分休憩で復活したこととか^^、
結城の復讐が、結構私怨だったこととか、
まぁいろいろと突っ込みどころはあったものの、
テンポの良いストーリー展開と、鬱エンドが続く感じが面白かった。
あのラスト、結局皆が闇落ちしていった、ということなんだろうな。
よくある、続きは映画館で!じゃなくて良かった^^

で、火野正平のこころ旅である。
今週から新潟県に入った。
昨日の妙高高原は、10年以上前によく保養所を利用していたので懐かしかった。
夏も行ったことはあったけれど、
殆ど春休みのまだ雪深いときだったので、
新緑の中、いもり池とか池の平周辺の景色が
全く雪景色とは違っていたので、新鮮だったな。
苗名の滝、は行った記憶が無いので、多分見るのは初めて。
近くの(多分近く)ブルーベリー狩りは行ったけれど。
ここの保養所を拠点にして、長野観光も、新潟県観光もしたな。
雪山も楽しんだ、といってもスキーではなく、
スノーシュートレッキングをした思い出がある。
ビジターセンターみたいなところで申し込んで、
小一時間くらいのコースを予約して、ガイドさんと廻ったな。
スノーシューは初めてだったけれど、
その頃小学生だった娘も十分楽しめる、家族向けのコースだった。
途中、なーんにも無い(というか雪に覆われている)野っ原の彼方に、
野ウサギが現れて、驚いた記憶がある。
ただ、ウサギを見つけた瞬間、
ウチの子の”あぁっ!ウサギさんだっ!”の声が響き渡って、
それこそ脱兎のごとくウサギさんは隠れちゃったけれど^^

この間、プチ旅行したばかりだけど、
何処かへ行ってみたくなるはんちんぐでございます。

今朝のBGM。



持っているのは、この歌が入った、”昨晩お会いしましょう”のLPだけど。
何故この歌か、つーのはまた後日に。



京都モダンテラス [雑事]

日曜日は、イベントの開始時間が微妙だったので、
晩ご飯を何処で食べるか、というのが問題でございました。
結局、少し早くいって、ロームシアター内にある、
京都モダンテラスに行くことに。

岡崎エリアは初めてではない。
京都市美術館とか、何ならロームシアターの前身、京都会館時代にも
行ったことはある。
けれど、ここ数年、京都へ行くというと車ばっかりだったので、
ましてや、JR使っての移動は初めてなので、
一応行き方は調べておいたのだ。
行きは阪急で、帰りはJRで、という変則的な移動にしたけれど、
脳内ではばっちりだった。
最寄りの駅、東西線の東山駅に着いたところまでは。
ここで、はんちんぐ、痛恨のミスを犯すのである^^
地下鉄出口を間違えて、ロームシアターとは逆に歩いてしまうのだ^^
ストリートビューまで見たのに。
改札を抜けたところでの案内板につられたのが間違いだった^^
気がつけば、知恩院前。そして祇園の文字まで見えてきて、
これは絶対違うぞ!と。
まぁ、時間はあるものの、空腹二人組はドッと疲労感が増すのである。
同行者(娘)にスマホで位置確認してもらって、
ものすんごく遠回りで平安神宮まで行って、
ようやくロームシアターに到着。

まぁ、そんなこんなでようやく着いたモダンテラスは心地よかったな^^
料理も美味しかったし。
ランチタイムが過ぎていたので、
アラカルトと飲み物、だけでは足らず、結局デザートも頼んだけれど、
どれも美味でございました。
なんていうか、全体の雰囲気がおしゃれなのだ。
山総氏も言っていたけれど、
こんなにこの辺り、シャレオツなところだったっけ?つーくらい、洗練されていたぞ。
苦労していった甲斐あってか、
次回からはJRや地下鉄を乗り継いで、京都も廻れるぞ!と自信がついた
はんちんぐでございます。

今朝のBGM。



迷ったときに自然と脳内再生された^^
絶対意味合いは違うけれども^^



京都岡崎音楽祭2017 [雑事]

最近は大規模な音楽フェスだけでなく、
小規模なフェス、イベントが増えてまいりました。
気軽にヒョコッと音楽を楽しむ環境が出来ると、
音楽好きにはたまらないものなのでございます。

そんな訳で、↑の音楽イベント、行ってまいりました。
ゲストはシンリズム、尾崎裕哉、そして我らが?山内総一郎。
山総氏の課外活動(いわゆるソロ弾き語り)は初めてなので、
興味本位で(失礼^^)行ったのさ。
一言で言えば、良かった。
弾き語り、なので、自ずとボーカル力が試されるな。
三人三様の魅力があった。
シンリズムは10代の瑞々しさ満載で、
尾崎裕哉はバラードなんだけど、力強さが前面に出ていて、
で、山総氏は、さすが最年長の貫禄で、
と言いたいところだが、やはり山総氏は山総氏だった^^
イヤ、もちろん歌は良かったよ。
初っぱなの”ブルー”だって、ギター本に出ていた”透明”だって、
くるりの”宿はなし”のカバーだって、
いつもの”LIFE"、”虹”だって、アコギ一本とは思えないくらいに
アレンジが良かったし・・・。
ただし、である。
遭難寸前のMCは、やはり山内総一郎クオリティでござった^^
多分、フジファンは、
あぁこんな時にチャンダイ先生の助け船が・・・と、願っただろうし^^、
初めて山総氏を見た人は、
何だ、この演奏とMCのギャップがある人は、と、思っただろうな。

ま、本人はすんごく楽しく”弾き語って”いて、
良い意味で放牧されていたから良しとするか^^

それにしても”最近”と”さっき”は、聞き間違えんだろう、と思う。

今朝のBGM。



弾き語りの”ブルー”も良かった。
前から聴いてみたかったし。



前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]