So-net無料ブログ作成
検索選択

雲霧仁左衛門3が終わってしまう [雑事]

電球が切れました、トイレの。
まぁ、日中は良いとして、夜はアウトだろうから、
買いに走らねばなりません。
確か去年も、引っ越す前に玄関(外)の電球を換えたな。
その時は、ワット数だけ見て、いざ交換したら、電球の形が合ってなくて、
カバーが出来ない、という失態をおかしたけれど^^
もっと以前(名古屋時代)には、台所の長い電灯も換えた。
流しの手元を照らすヤツでなく、天井に張り付いているシーリングライト。
この時は、近くのスーパーに走って、
自転車で、まるで上海雑伎団のようにして、電灯を持って帰った記憶が。

とにかく、電球換えには余り良い記憶がない^^

さて、雲霧仁左衛門3である。
先週の放送で、おようも同心高瀬も亡くなってしまった!
おようは、内偵に入った時点で、
これ、あぶないな、とは思ったけれど、
高瀬まで死んでしまうとは!
原作を読んでいないので、この先が分からないけれど、
出来れば、パート4もやって欲しいな。
それだけ見応えのある時代劇だから。
前も書いたけれど、作りが丁寧だし。
それにしても、小朝は憎たらしい役どころだな^^

今朝は本。

闇の歯車 (中公文庫)

闇の歯車 (中公文庫)



雲霧つながり(池波作品だ、こちらは)ではないけれど、
藤沢作品のなかでも、ちょっとワルっぽい感じの部類。
これは昔、全集で読んだ記憶がある。
先日買ったムック本で、宮部みゆきが推していた作品のうちの一つ。


2017-02-24 06:12  nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 2

hanntinngu

>はじドラさん
nice!有り難うございます。
by hanntinngu (2017-02-24 11:34) 

hanntinngu

>サイトーさん
nice!有り難うございます。
by hanntinngu (2017-02-25 07:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

Facebook コメント

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]