So-net無料ブログ作成

”関ヶ原”を観る [雑事]

昨日は久しぶりに映画を観に行きました。
”関ヶ原”。
歴史好きにはたまらん素材^^
ただーし。
関ヶ原の知識が無ければ、展開の早さと膨大な台詞の応酬で、
頭が混乱すること間違いなし^^
かくいうわたくしも、最初は早口の台詞についていけなんだ^^
一応、東軍西軍の武将は把握しているものの、
舞台中心の役者さんをキャスティングしている感があるので
(これは個人的には好きなキャスティング方法だけど)
脇役好きの人間もえーと、これは誰だっけ?と思ってるうちに、
次のシーンになったりして、終始忙しかったな^^
NHKの歴史番組みたいに注釈&図解が欲しかったりして^^
普通は観る前にパンフを見てはいけないけれど、
今回に限っては見ておいた方が良かったかも。
観る側の慌てふためきはともかくとして、
映画そのものは良かったな。
岡田くん、役所広司の安定感はもちろんのこと、
平岳大のたたずまいが武将そのものだったし、
(それを観にいった、と言っても過言では無い^^)
その他、出演者それぞれがちらっと出てくるだけでも
存在感を残していく、という、
なんとも豪華なキャスト陣でございました。
先日、急逝された中嶋しゅうさんも出ていたな。
忍びパートの人たちも光っていた。
有村架純ちゃんは忍びとしてのギラギラさは欠けるものの、
それでも時折見せる凜とした感じが良かった。
個人的には伊藤歩の方に惹かれたけれど。
あとは、秀吉子飼いの七人党が余りにも”馬鹿七人”っぽかったな^^
君らは脳筋か?と問いただしたくなること数回・・・^^
とにかく駆け抜けていく感じがする映画だった。
これだけの大作だから、2部に分けても、とも思ったけれど、
それはそれで冗長な感じになるのかな、とも思うので、
それに関ヶ原自体はあっという間に終わった合戦だから、
やはり2時間半枠で良かったのかも。

今朝のBGM。


愛のために

愛のために

  • アーティスト: 奥田民生
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 発売日: 1994/10/21
  • メディア: CD


散々”関ヶ原”の話をしておいて、奥田民生^^
つーのは、映画館に”奥田民生になりたいボーイと~”のチラシが置いてあったから^^
面白そうだけど、これこそ奥田民生ファンでないとついていけないかもしれない。


2017-08-31 06:45  nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 1

hanntinngu

>はじドラさん
nice!有り難うございます。
by hanntinngu (2017-08-31 10:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

Facebook コメント

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]