So-net無料ブログ作成

実はエレメンタリーも観てる [雑事]

ミルクキャラメルとコラボしたエクレアを昨日食べた。
久しぶりのコラボ商品。
ホットケーキミックスのミルクセーキ、つー代物も昔飲んだことがあったけれど、
今回のエクレアも、ミルクキャラメルが前面に出ていた^^
パッケージもミルクキャラメルっぽくて。
他に、ロールケーキだとかパンケーキ、シュークリームっつーのもあったな。
でも、甘いものをちょこっと食べたい、というときには、
エクレアサイズが一番なのだ。
美味しかった♪

さて、昨日の海外ドラマの続き。
エレメンタリーシリーズも観ているのだ、はんちんぐは。
最初は、やたらホームズものを作ってくるな、と思いながらの視聴開始だったけれど、
回を重ねる毎に面白くなってきた。
ホームズのシニカルさも好きだけれど、
ワトソン役のルーシー・リューが良いな。
助手を女性にする、というところがいいのかな。
役柄もさることながら、ワトソンのお洋服(ファッション)を観るのも楽しみ。
ま、ルーシー・リューのスタイルだから、何着ても様になってるんだけど。
コートに何気なくマフラー引っかけてるだけでも絵になるな。
あとは、魅力あるサブキャラ。
グレッグソン警部&ベル刑事も良いけれど、
わたくしは、クライド(リクガメ)が出てくると和む^^
(カメはサブキャラなのか?という疑問もあるが。)
スープにされかけてた(ま、冗談だろうけど)カメなのに、
話の終わりにはちゃんとペットとして認められてたし、
先日の放送では、救急車代わりに這わされていたな^^
レタスをモッシャモッシャ食べてる姿が可愛すぎる!

・・・と、推理ドラマの見方から大きく外れている気もするが^^

今日は久しぶりに買い物に出る予定だ。

今朝のBGM。

グランプリ

グランプリ

  • アーティスト: 東京スカパラダイスオーケストラ,東京スカパラダイスオーケストラ,パンチョ・モラレス,バナード・パーディ
  • 出版社/メーカー: エピックレコードジャパン
  • 発売日: 1995/06/21
  • メディア: CD


オザケンの”しらけちまうぜ”をはじめとして、
多彩なゲスト満載のアルバム。
竹中直人もいれば、高橋幸広、果ては石川さゆりまでいるんだぜ、的な。
サッチモのカバーも良いし、花ふぶきも入ってるし、
ラストの”Just A Little Bit~”のグルーヴ感はたまらないな♪
今とはまた違うスカパラの魅力だな。


2017-02-28 06:42  nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

海外ドラマあれこれ [雑事]

最近は、寒さでなかなか布団から出られない、
のではなく、余りの気持ちよさになかなか出られない、という、
怠惰からの寝坊が多くなりつつあるはんちんぐでございます。
来月になると、ますます、春眠暁を覚えず的な目覚めになりそうでございます。

先週末は、
小沢健二を久しぶりにTVで(録画)観て、
あぁ年齢重ねたな、と思いつつも、新曲聴いて、
やはりシニカルな小沢健二は健在だった、と再確認し、
下克上受験の子役の演技に泣かされ、
(無理がない、自然体なところが共感できる)
ガリガリ君リッチ黒みつきなこもちに感動し^^、
昨夜のNスぺの又吉を観て、
もはや芸人ちゃうやん、とつっこんで・・・と、
なかなか充実した日々ではあった。

全然、海外ドラマについて書いてないじゃん^^

そうである。
前から観ている、CSIものに加えて、Hawaiiにまで拡がってしまった!^^
NYやらロスやらベガスやらマイアミやらと、
アメリカ全土で大騒ぎ、てなところへ、Hawaiiまで加わるか?^^
初回は、あぁこんなものか、とは思ったけれど、
見続けたら印象は変わるのかな。
それよりも、BSの”刑事フォイル”。
テーマの根底に第二次世界大戦があるから、
普通の刑事ドラマよりも暗い、というか、闇が深いというか。
それでも観てしまうのは、何故だろう。
昨夜の”壊れた心”は特に良かった。
戦争でダメージを受けるのは体だけでなく心も、だし、
単なる敵味方、と分かれるものでもなく、
いろんな立場の人間の心が、それぞれ傷つく様子が、描かれていて、
見終わって、なーんか救われない気分になったな。
サッカーの賭けの顛末で少し笑えたけれど。
観るたびに、あぁ早く戦争終わってくれ!と願ってしまうな^^

今朝のBGM。

STAR(初回生産限定盤)(DVD付)

STAR(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMAR
  • 発売日: 2011/09/21
  • メディア: CD


”STAR"
アルバムタイトルにもなっているこの曲は、
最初CDで聴いたときはそうでもなかったけれど、
ライブで聴くと、迫力あるサウンドが押しまくってくる。
オープニングでもエンディングでもライブ映えする楽曲だな。
間奏の鍵盤が高揚感をより盛り立てて、
ラスト一気に駆け抜ける、という感じがたまらない。


2017-02-27 06:53  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

フジファブリック LINELIVE @中野サンプラザ [雑事]

PCがポンコツすぎて、
というよりも寿命なのかもしれないけれど、
ダダ重が続くので、動くうちに昨日の感想を、と。

追加公演といえど、STANDツアーなので、
セットリストは余り変更はなかったけれど、
それでも志村くんの想い出と共に演奏された”TEENAGER"は良かったな。
あと、LIVE配信なので、
その場にいる臨場感(リアルにはほど遠いけれど)も
そこそこ味わえたし、
大阪(ZEPP)では前の方だったので、分かりにくかったステージ全体の演出も
全景を観ることが出来たし。
それよりなにより、メンバーそれぞれ(表情とか手元とか)のショットが
楽に観ることが出来る^^
(実際のライブ会場では、何処を見ればいいのか分からなくなることが多し^^)
アンコールでは、ついに、というかやっと、山田孝之登場!
盛り上がりも最高潮!ってな感じだった。
あっという間の2時間半余、でございました。

今朝のBGM。

TEENAGER

TEENAGER

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2008/01/23
  • メディア: CD


昨日はしなかったけれど、大阪で聴くことができた
”星降る夜になったら”。
間奏からCメロに移る、鍵盤のプレイが好きだ(細かい^^)。
金澤先生のドヤ顔と共に観ることが出来れば、尚よろし。


2017-02-25 07:34  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

雲霧仁左衛門3が終わってしまう [雑事]

電球が切れました、トイレの。
まぁ、日中は良いとして、夜はアウトだろうから、
買いに走らねばなりません。
確か去年も、引っ越す前に玄関(外)の電球を換えたな。
その時は、ワット数だけ見て、いざ交換したら、電球の形が合ってなくて、
カバーが出来ない、という失態をおかしたけれど^^
もっと以前(名古屋時代)には、台所の長い電灯も換えた。
流しの手元を照らすヤツでなく、天井に張り付いているシーリングライト。
この時は、近くのスーパーに走って、
自転車で、まるで上海雑伎団のようにして、電灯を持って帰った記憶が。

とにかく、電球換えには余り良い記憶がない^^

さて、雲霧仁左衛門3である。
先週の放送で、おようも同心高瀬も亡くなってしまった!
おようは、内偵に入った時点で、
これ、あぶないな、とは思ったけれど、
高瀬まで死んでしまうとは!
原作を読んでいないので、この先が分からないけれど、
出来れば、パート4もやって欲しいな。
それだけ見応えのある時代劇だから。
前も書いたけれど、作りが丁寧だし。
それにしても、小朝は憎たらしい役どころだな^^

今朝は本。

闇の歯車 (中公文庫)

闇の歯車 (中公文庫)

  • 作者: 藤沢 周平
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1998/11
  • メディア: 文庫


雲霧つながり(池波作品だ、こちらは)ではないけれど、
藤沢作品のなかでも、ちょっとワルっぽい感じの部類。
これは昔、全集で読んだ記憶がある。
先日買ったムック本で、宮部みゆきが推していた作品のうちの一つ。


2017-02-24 06:12  nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

今年最初のイチゴ [雑事]

昨日、住宅街を抜けて買い物に行ったのでございますが(徒歩で)、
その時、しだれ梅が満開になっているお宅があって、
それはそれは見事でございました。
枝ぶりも綺麗で、まるで何処ぞの庭園か、つーくらいの。
レンギョウの花も咲いていて、
あぁ、この家はお花が好きなんだなぁと、すぐ分かるようなお庭でございました。
しばし、見とれておりましたが、
余り立ち止まっていては、不審者っぽいので^^、そのまま買い物へと行きましたが。

で、その買い物先で買ったのが、
今年最初のイチゴ。
本当は、牛乳とか、足りない食材を買い足しに行っただけなのでございますが、
入り口にあった、でっかいあまおうが、
わたくしを素通りさせてはくれなかった!^^
あまおうの割には安価だったし
大粒のあまおうの”これでもかこれでもか”の圧が、とにかく強かったのだ^^
で、そのままお買いあげ・・・。
夕食後のデザートとなりましたが、
みずみずしくて、甘みもあって、最高でございました。
イチゴは割とどの種類も好きですが、
特に好きなのは、名古屋にいる頃しょっちゅう目にした章姫かな。
前にも書いたけれど、イチゴ狩りに行っても章姫が多くって、
そのつやつやした見た目と、強い甘さが特徴的。
形も好きだったな。
こちらでは余り見かけないけれど。

今朝のBGM。

優しい雨

優しい雨

  • アーティスト: 小泉今日子,白井良明,大村雅朗,カラオケ
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 1993/02/03
  • メディア: CD


今日は雨降りで、ということもないんだけど、この曲。
先日のThe Coversでは、スキマスイッチが、
”あなたに会えてよかった”をカバーしていたけれど(こっちも好き)、
”優しい雨”の胸がぎゅっとなる感じのほうが、私は好きだな。


2017-02-23 06:53  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

小沢健二の一面広告 [雑事]

先週、”マツコの~”でレミが作っていた、
アボカドのチーズ焼きを実際に作ってみた。
確かに、時短料理だ^^
アボカドも火を通すことで、よりクリーミーになるし、
チーズとの相性も良くて、娘も大絶賛だった!
また作ってみたいと思わせる料理だったな。

そして、オザケン。
昨日の朝日の朝刊には驚いた。
最初は、何の一面広告かと思った。
長い文章がつらつらと書かれていたので、
新刊の紹介?とも思ったけれど、
よくよく見ると、小沢健二の新譜。
普通、音楽関係の新譜は、アー写とかが大きく全面に出て、
あ、NEWシングル(アルバム)だな、と気づくんだけれど、
今回は、エッセイ風になっていて、新譜の歌詞も書かれていたりして、
一風変わったというか、あぁオザケンらしいな^^と、思った。
オザケンというと、所謂渋谷系。
渋谷系全盛の頃は、個人的に忙しく、学生の頃みたいに、
音源聴きまくったり、ライブに行き倒したり、てな事が出来ず、
限られたメディアからの情報だけだった。
(とはいえ、オリラブは別枠だったかもしれぬ^^)
なので、過去の小沢健二の楽曲は、有名どころしか分からないけれど、
今回の曲(歌詞だけ)を見ると、
大きな世界観と、小さい世界観とがグルグルと混ざって、
新しい力を生み出して流れていく(続いていく)、そんな印象を受けた。
テーマが壮大ながらも、身近な日常も其処には存在している、みたいな。
週末のMステにも出演するらしい。
あ、でもフジのラインライブの時間帯だな。
恐らく我が家は、ケータイとPCとTVが同時にわいわいとやっていそうだ^^

今朝のBGM。

ぼくらが旅に出る理由

ぼくらが旅に出る理由

  • アーティスト: 小沢健二,カラオケ
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1996/05/16
  • メディア: CD


本家^^の”ぼくらが旅に出る理由”。
これもMステで歌うらしい。楽しみだ。


2017-02-22 06:35  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

週末の小林薫は忙しい [雑事]

このブログのアイコンetcは、
リヴリーアイランドのキャラ、ミミマキムクネでございます。
先週、初めて研究発表会てのに行ってきました。
ま、スイパラでの、ランチ、なんですが。
今まで、研究発表会は東京とかでしかなかったから、
近くで開催されるということで、娘が是非とも行きたい!と。
(小学生からの夢、らしい、けなげなヤツだ^^)
去年行った、すみっこのコラボカフェよりも、
リヴリーの人気も下火になっているせいか、すいていた。
でも、カフェメニューは一番充実していたけれど。

平日の昼間、
いい年した大人が、ウキウキするのもどうかと思うが・・・^^

それはおいといて。
小林薫である。
金曜日は、べらんめぇ口調で、阿部サダヲをしかりとばし、
日曜日には、僧侶として(でも俗っぽいところもあるが)意見する、
なーんか姿は違えど、ポイントポイントで、現れるんだな、両方で。
観ていて面白い。
姿が違うと言えば、手塚とおるもそうだな。
雲霧~で、クールな雲霧一党の幹部を演じているかと思えば、
2時間後、街の不動産屋の上司をしてるし^^
今クールは、週明けよりも、週末に好きなドラマが詰まっている、
そんな日々を送るはんちんぐでございます。

今朝のBGM。

スターゲイザー

スターゲイザー

  • アーティスト: スピッツ,草野正宗,亀田誠治
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック
  • 発売日: 2004/01/21
  • メディア: CD


もはや、FORESTERイコールスピッツ、と化しているな♪


2017-02-21 06:59  nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

第二回チョコ食べ比べ回 [雑事]

週末は、フィギュアを久しぶりに堪能してしまいました。
女子では、三原選手にとっては、選曲通りのシンデレラストーリーでございましたが、
昨夜は羽生劇場でございました^^
惜しくも優勝はならなかったものの、フリーでのあの気迫ある、というか、
ドヤ顔の連発というか、意地の4回転が凄かったな。

で、チョコの残り。
残しておいたバレンタインのチョコを家族三人で頂きました。
チャンダイ先生のコーヒーと共に。
コーヒーがスッキリとしている分、
濃厚めのチョコにあっておりました。
レクラの惑星ショコラは、今回メモワールという、冥王星が特別に入っているのを
選んだのでございますが、
この冥王星のが印象的だった。
ショコラの中に、パープルの金平糖が入っていて、
振ると音がする^^
パカッと割ると、数粒金平糖が入っている!
今回だけかもしれないけれど、面白かったな。

今朝は本。

藤沢周平のこころ (文春MOOK)

藤沢周平のこころ (文春MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/12/14
  • メディア: ムック


過去のインタビュー記事やら、”暗殺の年輪”やら、
ファンにとっては嬉しいムック本、である。


2017-02-20 06:28  nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

二日遅れのバレンタイン [雑事]

バレンタインというと、どうしても”アブナイバレンタインデー”が
思い浮かんでしまう、捻くれたはんちんぐでございます^^

それはさておき。

週末に旦那が帰る、ということなので、
バレンタイン用のチョコはおあずけだったはんちんぐ家。
わたくしでも、それくらいの遠慮、というか配慮はあるのだ。
てなわけで、昨夜は二日遅れのバレンタイン、でございました。

まずは、レクラの惑星ショコラ。
3人で山分け^^するので、9コ入りをいつも買っております。
惑星毎に、見た目も中身も違うボンボンショコラ。
食べるのが惜しいくらいの、
美しい色、形なのでございます。
取りあえず、一個だけ^^
そして、同時に買った、万華鏡の形のケースに入ったチョコ。
これは4色の小さな粒のパフチョコがいっぱい入ってます。
金平糖みたいな感じで頂きました。
そして、ピエール・マルコリーニ。
ご本人も言っていたような食べ方で、頂いたぞ^^
一個ずつ、味わうように・・・。
やはり、これも美味しい。
鼻にぬける香りが、良い感じでございます。
で、最後に、マダガスカル産カカオのチョコバー。
唐辛子入り、というのに惹かれて買ってみた。
そして食べてみた。
後味がスパイシー。
お酒と一緒に食べるチョコ、てな感じだったな。

まだ残してあるので、今週末は楽しみたいと思いまする^^

今朝のBGM。

SUNNY SIDE OF ORIGINAL LOVE

SUNNY SIDE OF ORIGINAL LOVE

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック
  • 発売日: 2012/12/12
  • メディア: CD


昨日の”トパーズ色の月”の流れで、
オリラブの”月の裏で会いましょう”。
定期的に聴きたくなる楽曲だ。
わたくしにとって、オリラブ(田島貴男)は、
もはや定番なのだ。


2017-02-17 06:24  nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

吉岡里帆が一番怖かった^^ [雑事]

段々と、日が長くなってくるこの時期が、
わりと好きなはんちんぐでございます。
買い物に行く途中に、水仙の香りが漂ってくるのも、
洗濯物を干すときに、何処からか沈丁花が香ってくるのも、
空気は冷たいながらも春を感じる一瞬なのでございます。

で、カルテット。
平野レミのことしか書けなかったけれど^^、
そのあとの”カルテット”は凄かったな。
4人の含みのある台詞の応酬と、絡み合う視線、等々を観るのが
このドラマの楽しみ方、なんだけれど、
この危ういバランスの主人公達の間に、
まぁ、ズカズカと入ってきたよ、吉岡里帆は^^
久しぶりに観たな、クラッシャーな人格の持ち主。
本音で生きるのが何が悪いの?的な。
居るなぁ、こういう人。
根本的に、折れる(妥協する)、ということをしないから、
諭すように話しても通じない人。
こういう人には近づかないのが一番だ、
ということが、オバサンになったら身に付くのだけれど^^

それにしても、吉岡里帆の演技には引き込まれた。
ドラマ観ていて、イラッとするというのは、
それだけ演技が巧かった、ということだ。
だけど、余りにも引きずりすぎて、
あれ以来、URのCMみても、エネオスのCMみても、
ざわついてしまうんだけど^^

今朝のBGM。


MODERATO

MODERATO

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2004/01/16
  • メディア: CD


懐かしの80年代和製AOR♪
中でも”トパーズ色の月”は珠玉の一曲なのである。
松本隆の詞が泣かしにかかってくるな^^


2017-02-16 06:40  nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]