So-net無料ブログ作成

男子フィギュアの高レベルな戦い [雑事]

モーニングアタックがひどくて、
朝が辛いはんちんぐでございます。
でもその割に、日中のむずむず感がほぼないので、
少しの辛抱、と耐えている毎日でございます。

女子に引き続き、昨夜は男子フィギュアも観てしまった。
4回転時代とは言うけれど、
ショートでも4回転は2本入れないと、ほぼ上位に食い込めないのね。
(パトリック・チャンは除く)
ちょっと前までは、80点台後半ならば、凄い!と思っていたのに、
今回90点台後半、いやむしろ、
100点超えでもさほどびっくりしなくなっているなぁ。
技術が上がって、高レベルな戦いなんだということは分かるけれど、
枠取りという使命までかかっているから、
なおさら熾烈な戦いなんだろうな。
各選手、バシバシ鋭いオーラを飛ばしまくっている中、
最終滑走のブラウンくんのキス・アンド・クライでの結果待ちの乙女さ^^に
和んでしまったよ^^

今朝のBGM。

フジファブリック

フジファブリック

  • アーティスト: フジファブリック,志村正彦
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2004/11/10
  • メディア: CD


”サボテンレコード”が頭の中で廻ってる。
曲展開が好きなんだけど、よくよく聴けば、歌詞も良い。


2017-03-31 06:59  nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

高校野球やらフィギュアやら [雑事]

週末、三度広島へ行くことになっているはんちんぐでございます。
今回は、純粋に?^^FPさんへの相談のため。
なので、日帰り。
つまり、早朝移動。
気ぜわしくなっております。

そう言いつつも、用事を一通り終えた昼間の時間は、
この時期いつも観ている高校野球。
なんだかんだ言っても、近畿勢が残るのは嬉しい。
この間の二試合連続延長引き分け再試合、つーのも見ていたけれど、
(もちろんずっとではない^^、一応用事はしている・・・言い訳^^)
どちらも、延長戦なんだけど、最後の最後までドキドキするような、
引き締まった試合だったな。
春の選抜は、21世紀枠があるので、
見慣れた強豪校だけでないところも面白い。
自分の高校が出たら、といってもかなり難しいけれど、
多分、二度と見ることはないと思って、甲子園に行ってしまいそうだ^^

そして、フィギュアの世界選手権。
日本女子の三枠はかなり厳しいと思うけれど、
今回の三選手の気迫は伝わった。
ただし、ロシア女子の層の厚さにはかなわないな。
つい数年前まで代表で出ていた選手(多分、ケガとかなんだろうけれど)
の姿を全く見ないからなぁ。
それだけ、強い選手が多いということだ。
技術だけでなく、演技構成も綺麗だし。
選曲から、衣装から、
全てをパーフェクトに揃えてくる、
ロシアの本気を見たような気がする、今大会で。

今朝のBGM。

遺伝(初回限定盤)

遺伝(初回限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2017/02/22
  • メディア: CD


この間のギタージャンボリーでも歌っていたけれど、
何というか、ちょっと古いメロディーなのに、
心に残るというか。
ドラマ(下克上受験)のラストも良かったし。


2017-03-30 06:43  nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

自転車の旅が始まった、というか始まっていた^^ [雑事]

先週末、髪の毛を切って、短くしたせいか、
思い切り寝癖ができてしまったはんちんぐでございます。
今朝は、諸事情で5時起きだったので、
記事アップも少々遅い時間でございます。

火野さんのこころ旅が始まった。
身辺がバタついていたので、気づいたのが昨日^^
しかも寝る前だった・・・。
遅ればせながら、今日から観よう!
今回は、四国から出発して、山陽道、京都からは日本海側に抜けて、
北上していくパターン。
それにしても、この番組がここまで長く続くとは。
考えてみたら、”おじいちゃんを酷使する”番組^^なんだけど。
今回のルートは、なじみの深い県も多いので、楽しみだな。
ただ、四国四県のうち、高知は行ったことないぞ!

今朝のBGM。


ニュー・シネマ・パラダイス オリジナル・サウンドトラック【完全盤】

ニュー・シネマ・パラダイス オリジナル・サウンドトラック【完全盤】

  • アーティスト: エンニオ・モリコーネ
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2005/10/05
  • メディア: CD


ちょっと疲れているときに聴くと、落ち着くサントラ。


2017-03-29 06:57  nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

TOKYO GUITER JAMBOREE [雑事]

昨日は久しぶりにストレッチをフルセット
みっちりやったら、若干筋肉痛になりました。
でも体が伸びて、気持ちの良い朝を迎えた気がするはんちんぐでございます。

さて、TOKYO GUITAR  JAMBOREE、
昨夜BS朝日で放映されました。
一応、録画セットはしたけれど、結局直に観ておりました^^
基本、弾き語り一本勝負!みたいな雰囲気のライブでございましたが、
出演者それぞれのカラーが出ていて面白かったな。
お客さんをのせるのがうまかったり、声がとにかく良かったり、
詞の世界観で引き込んだり、とにかくギターが好きなんだよ的だったり・・・。
最後のは、放牧されていた某山総氏(某になってない^^)ではありますが。
ハイライトっぽい番組だったので、各アーティストの他の曲も聴きたかった。
ま、時間の都合上、それは無理っつーのは分かっていたけれど。
浅井健一、斉藤和義、の辺りはさすが、の貫禄のステージだったな。

今朝のBGM。

歌うたいのバラッド

歌うたいのバラッド

  • アーティスト: 斉藤和義
  • 出版社/メーカー: ファンハウス
  • 発売日: 1997/11/21
  • メディア: CD


何のひねりもないラブソングだけれど、
そのまっすぐさが多分心に刺さるのかもしれないな。
あと、この詞で、この声(斉藤和義)で、という相乗効果があるのかも。


2017-03-28 06:52  nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

テレ朝版”そして誰もいなくなった”

この間、BBCの”そして~”を観たばかりと思っていたら、
土日と、連続ドラマスペシャルをぶつけてきたテレ朝、である。
ストーリーも結末も十二分に^^分かっているけれど、
これでもか、の豪華キャスト陣にひかれてそのまま観てしまった^^

舞台を日本、そして現代、としたからか、
ちょこちょこ原作とは設定が異なるけれども、
結構楽しめたな。
キャストが殆ど、2時間サスペンス常連なので、
どうもその役がよぎってしまって仕方なかったけれど^^
終盤、沢村一樹が出てきた時にゃ、
あ、ついに浅見光彦が事件を解決してくれる!^^と思ってしまった。

それにしてもラスト、渡瀬さんのシーンは、
現実とダブって仕方がなかった。
4月からの9係を観るのがちょいと辛い。

今朝のBGM。

トゥルー・カラーズ ~パーフェクト・エディション

トゥルー・カラーズ ~パーフェクト・エディション

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2015/12/30
  • メディア: CD


車のCMで流れていた、”Beautiful Now"。
先日フルで聴いてから、はまりつつある^^


2017-03-27 06:44  nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

何気なく見始めた”絆~走れ奇跡の子馬” [雑事]

先日、はっさくがこの世で一番好き!と書いておりましたが、
もう一つ、冬場に欠かせぬ柑橘類がございました。
それは、キンカン。
シロップ漬けにするでもなく、ただひたすら生のキンカンをかじる、
そんな毎日を冬場は送っております。
わたくしはアナウンサーでもボーカリストでもないけれど^^、
喉に良いのよ、キンカンは。
ちょっといがらっぽいなぁと思っても、
キンカンの効能は素晴らしいのだ。
宮崎産の大きいキンカンは甘いけれど、それ以外でも可。
何なら少々酸っぱくてもそれはそれで、ビタミン摂ってる!!って感じで、
健康に良さそうだし。
昨日、久しぶりにスーパーで見つけたので、買ってきた。
わたくし以外の家族は食さないので、独り占め!なのである。

本題だ。

昨夜、ニュースをつけっぱにして、用事をしていたら、
次のドラマが始まっていた。
特集ドラマ、”絆~走れ奇跡の子馬”である。
震災関連のドラマって、ややもするとあざとくなるので、
あまり食指は伸ばさないタイプなのだが、
何気なく見始めたこのドラマ。
結論から言うと、
良かった。
話のそのものも丁寧に作られていたし、登場人物たちのその細かな心の機微は
十分観ている側に伝わってきたし。
キャストが豪華だからか?
さすがNHKの特集ドラマである。
後編も楽しみ。

今朝のBGM。

カンヌの休日 feat. 山田孝之(初回生産限定盤)(DVD付)

カンヌの休日 feat. 山田孝之(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMAR
  • 発売日: 2017/02/15
  • メディア: CD


デジいかでは二曲目にかける”Here"。
恋チューンダンジョンからの、”Here"は癒やされる、というか、
それまでのお祭り騒ぎ(メンバー三人の暴走?)を浄化する作用がある。
が、しかし、この曲、そんな扱いで良いのか?^^


2017-03-24 06:35  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

花粉予報が怖い [雑事]

春眠暁を覚えず、の季節でございます。
毛布にくるまってごろんごろんしていると、
この上もなく幸せな気分になるのでございます。
しかしながら同時に人としてダメになるのは必至なような気もします^^

なので、起きてきました。

スギ花粉はピークを越えたらしいのですが、
ヒノキが控えているので、花粉の飛散量は変わらない、のでございます。
本当は、映画も観に行きたいし、
(國村隼のヤツだ、あれがどうしても観たい!)
京都や神戸なんかにも足を伸ばしたい・・・
のは山々なのでございますが、
いかんせん、花粉がすごい。
くしゃみ、鼻水もすごいけれど、
はんちんぐの場合は、目がとにかくしばしばするのだ。
外出から帰ると、喉の粘膜とか、耳の奥まで、
花粉がへばりついているような気がして、かゆい!!
マスクして、サングラスでもすりゃあ、防御できるんだろうけれど。
とりあえず、洗顔とうがいでしのいでいるのでございます。
昨日は、その後、甜茶飴をなめたら少しましになったな。
洗顔とうがいが効いたのか、飴の効能か、
はたまたそれらの合わせ技なのか、
止まらなかった鼻水がおさまったぞ。
ただし、夜になると、舞い上がっていた花粉が下の方に落ちてくるのか、
風呂上がりくらいから、またまた鼻がむずむずしてくるのだ。
TVで、翌日の花粉予報を見ていたら、近畿地方が真っ赤になってるし^^
あの画像だけで、むずむず度が増してしまったぞ^^
医者にかかるほどではないにしろ、
この時期はお出かけするのにも二の足を踏んでしまう、
そんなはんちんぐでございます。

今朝のBGM。

VOYAGER

VOYAGER

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMAR
  • 発売日: 2013/03/06
  • メディア: CD


今朝は”TIME"の気分だ♪


2017-03-23 06:51  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

”カルテット”終わる [雑事]

マツコの~で、清塚信也が、”ピアニストは食えない”と言った後での、
”カルテット”最終回。
流れ的には良かったな^^
最終回、といっても、
おそらくあっちもこっちも丸く収まる的なハッピーエンドは
期待していなかったので、
別荘を引き払い、色んなものを捨て去って、
あのワゴンで演奏活動を慎ましやかに続けていく
(と、わたくしは思った)
さばさばしたあの四人の笑顔でのエンド、は良かったな。
逃げ恥の後のドラマ、ってことで、
最初はどうだろう?と思われる節もあったけれど、
あれとは別物、というか別テイストだ、と感じ始めた頃から、
グッと、このドラマに引き込まれたような気がする。
細かい伏線もちゃんと回収して、
(最後にまた、唐揚げのくだりを持ってきたり^^)
心に残った場面、台詞を、怒濤の回想シーンで流して、
と、わたくしにとっては今クールの中で良ドラマ、だったのだ。

今朝のBGM。

Merry Christmas, Mr. Lawrence: Soundtrack From The Original Motion Picture

Merry Christmas, Mr. Lawrence: Soundtrack From The Original Motion Picture

  • アーティスト: Ryuichi Sakamoto
  • 出版社/メーカー: Milan Records
  • 発売日: 1994/10/11
  • メディア: CD


マツコ~で、さわりを演奏した、戦メリ。
リアルタイムで観ることができたのが、今となっては嬉しい。
当時は独特の世界観を理解するのに苦労したけれど、
今、もう一度観たら、感じ方が変わるかもしれないな。
でも、この”Merry Christmas,Mr.Lawrence”の印象は変わらない。
何度聴いても(特に中盤の迫り来るようなメロディ-)泣けてくる♪


2017-03-22 06:26  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

柑橘類の季節 [雑事]

PCのサクサク加減が心地よい朝でございます。
実際の天候は雨なので、うっとうしいっちゃあうっとうしいのでございますが。
立ち上がりも速いし、画面も鮮明なので、
使い勝手は良さそうです、ただし、使いこなせれば、の話です^^

さて、リンゴの季節がそろそろ終盤となると、
柑橘類が店頭に並ぶのでございます。
先月くらいから、いろんな種類の柑橘類が、出回ってまいりました。
最近は、せとかだとか、はるみだとか、清見だとか、
あまりにも種類が多すぎて、何が何だか分からなくなりますが、
我が家、というかわたくしの好きなのは、
断然、はっさく!!
素手では向きにくいし(おそらく無理^^)、
甘いか、というとそうでもないけれど、
あの苦みと酸味と甘みが合わさった感じが好きなのでございます。
我が家では、はっさくは一房ずつ、内側の皮まで取って、
フォークにさしてすぐ食べられる、というところまで準備するのが定番ですが、
そんな手間をかけても、やっぱり美味しい!
考えるに、味もさることながら、
一房ずつ皮から外すときに、
プルンときれいにとれる瞬間が好きなのかもしれない^^
(こーなると、味云々からは大きく外れる^^)
緩衝材のプチプチをつぶす時の感覚に近い、のだ。
これが、伊予柑とかだとこうはいかない。
薄皮はともかく、底の部分(うまく言えないが)がひっついてくる。
無理矢理剥がすと、果肉がつぶれて、見栄えはがた落ち、
手もベチャベチャになってしまうのだ。
はっさくは、その点違う。
たまーに、熟れきっていないのか、
綺麗に向けないはっさくがあって、その時はテンションダダ下がり、なのである^^

はっさく一つに、熱く語ってしまった^^

今朝のBGM。

エイリアンズ

エイリアンズ

  • アーティスト: キリンジ,堀込泰行,堀込高樹,冨田恵一
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2000/10/12
  • メディア: CD


LINEのCMでかかっていて、思わず用事の手を止めてしまった曲。
のん(能年玲奈ちゃん)の姿もさることながら、
キリンジ独特の空気感というか、浮遊感が印象的だ♪


2017-03-21 06:43  nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

麻雀放浪記 [雑事]

夜明けが早くなったので、
感覚が季節についていけないはんちんぐでございます。
ここのところ忙しかったせいか、気づけば春、てな具合でございます。

”麻雀放浪記”。
先週BSで放映されていたのを録画しておきました。
で、昨日観た。
通しで、ゆっくり観たのは初めてだったかもしれない。
真田広之、鹿賀丈史、大竹しのぶ・・・と、
キャスト的にも豪華だけれど、
なんといっても、脇役好きな人間としては、
押さえておきたい、高品格。
前にも書いたかもしれないけれど^^。
あのだみ声を聴いた瞬間、ほわんとしてしまったがな。
欲を言えば、もうちょっと長生きしてもらって、枯れた役を観たかった。
”バイプレイヤーズ”にはまるのも、
元々はこういう役者さんが好きだからだろうな^^
”麻雀~”を観ていて思ったのは、
女衒役の加藤健一がクールで良かったな。
着流し姿が妙に似合っておった。

今朝は本。


てふてふ荘へようこそ

てふてふ荘へようこそ

  • 作者: 乾 ルカ
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/05/31
  • メディア: 単行本


前に買っていた本。
春になると、読みたくなるのだ。
ファンタジーな感じもするけれど、読後感は爽やかだな。


2017-03-20 07:01  nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]