So-net無料ブログ作成

”カルテット”がえらいことに [雑事]

まだまだラ・ラ・ランドを引きずるはんちんぐでございます。
録画していた”セッション”を観ては、
鬼教師が支配人とかぶり(J・K・シモンズ繋がり)、
同じく録画していた”タワーリング・インフェルノ”を観ては、
あ、アステアが出てたんだ、と思いだし(ミュージカルからみ)、
”カルテット”ではすずめちゃんの夢のシーンで、
ラ・ラ・ランドっぽいなぁと思ってしまう始末である^^

その”カルテット”がここにきて、凄い展開になってしまった!

クドカンが逮捕されたので、
取りあえずの色んな嘘は、皆回収されたのかな、と思いつつ、
割とだらーっと観ていた。
最終回まで、このもやもやした恋模様が続くのかな、とも考えながら、
いや、もう一捻りあるだろうとも期待しつつ、
すずめちゃんも家森も切なすぎるやん!とその不器用な二人の姿に
見入っていたら、
最後にドーン!!^^
え、こんな展開?!的な^^
もはや、松たか子、あんた誰?!の世界なのでございます。

今朝のBGM。

Feel Like Makin Love

Feel Like Makin Love

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Atlantic / Wea
  • 発売日: 1992/09/15
  • メディア: CD


記事とは全く関係ない曲。
”Feel Like Makin' Love"。
このCDは持っていないけれど、この曲は有名だ。
ベイ・シューのカバーなら持っているな。
確か、ベイ・シューのライブで聴いたはず。
ブルーノート、何杯目かのジンライム、ベイ・シューのスモーキーボイス、
すべて揃ったシチュエーションで聴いたのは、良い想い出だ♪


2017-03-09 07:23  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]