So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

ミステリースペシャル”満願”

今朝は26℃という信じられない気温でございました。
ひさしぶりに見たな、26℃^^
今日は買物に行くのも苦ではないかも。

さて↑のドラマだけれど、実は録画組なのでまだ全部は観ていない。
初回の”万灯”だけは観た。
西島秀俊の商社マンが転落していく様を描いていた。
1時間なので、なかなかの詰め込みだったけれど、
どよーんとした空気みたいなものは感じとれたな。
ホラーのような怖さはなかったけれど、
真綿で首をしめられていくようなじわじわとした恐怖はあった。
あとの残りの2話もそのうち観なければ!

今朝のBGM。


STAR(初回生産限定盤)(DVD付)

STAR(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMAR
  • 発売日: 2011/09/21
  • メディア: CD


”君は炎天下”。
すこし前の山総氏のツイッターで紹介されていた
ルアンの音色。
ちょっと爪弾いた、という体以上のレベルだったけれど^^
聴きながら↑の曲が頭に浮かんだ♪


2018-08-17 06:14  nice!(1)  コメント(1) 

吉田羊版コールドケース [雑事]

PCのクリーンアップをしたら、
少しはダダ重が解消されたのかな?と思っている、イヤ思いたい^^
はんちんぐでございます。
さて、今日はコールドケース。
あちら(本家)のは選曲も良かったりするので
大好きなシリーズなんだけど、
(たまに救いようのない結末でどよーんとはなるけれども)
吉田羊版コールドケースもなかなかに面白い。
本家をどのようにして日本に移していくのか(犯行動機とかそのときの世情とか)
興味深かったけれど、
今のところは、ほぉ、そうきたか、と感心するエピソードばかりだ。
何せ、配役がよろしい。
同僚に光石研だの滝藤賢一だのを絡ませてくるあたり、
まさにツボ!なのだ。
ただ、リリーを百合にしたところはどうなんだ?^^

今朝のBGM。

若者のすべて

若者のすべて

  • アーティスト: フジファブリック,志村正彦
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2007/11/07
  • メディア: CD


今年は結局花火を見ていない。
地元の花火が例の地震の影響で中止になったのだ。
事前から知っていたけれど、新聞のチラシに入っていて、
あぁ、今年は無いんだ、とガックリきたし。
”最後の花火になったな・・・”という感慨に浸る事は叶わなくなってしまったけれど、
来年復活することを期待する!


2018-08-16 06:22  nice!(2)  コメント(1) 

パソコンの調子が悪い [雑事]

今日は午後から下り坂、と聞いておりますが
朝から蒸し暑いのでございます。
そして、というか、それに伴ってではないけれど、
PCの調子も悪い。
昨日も”今朝のBGM”、と打つのに何度もエラーを起こすから
途中で諦めたくらい。
ちなみに昨日は、CSIニューヨーク6の第19話のラストでかかっていた
曲が、どストライクの曲だったのだ!
調べたら、


コリーヌ・ベイリー・レイ

コリーヌ・ベイリー・レイ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2006/07/12
  • メディア: CD


ブルージーな楽曲。
若干甘めのボーカルだけど、けだるい感じがたまらない。
多分ドラマの最後にかかっていたのは”ライク・ア・スター”のはず。

てなわけで、
今朝は普通に使えるけれど、
取りあえずおしまい。

そして今朝のBGM。



ベリー・ベスト・オブ・アレサ・フランクリン VOL.1<ヨウガクベスト1300 SHM-CD>

ベリー・ベスト・オブ・アレサ・フランクリン VOL.1<ヨウガクベスト1300 SHM-CD>

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2017/05/31
  • メディア: CD


新聞でアレサが危篤、つー記事を見た。
というわけで、今朝は彼女の歌声で。


2018-08-15 06:10  nice!(4)  コメント(2) 

昔話法廷の新作

昨日は、早々と拭き掃除やら掃除機やらを済ませて、
9時前にはTV前にスタンバっておった。
何ならストレッチも(短縮バージョン)完了して。
何故ならば、昔話法廷の新作、昨日は”ブレーメンの音楽隊”がEテレであったからだ。

久しぶりの昔話法廷。
前々から攻めているな、Eテレとは思っていたけれど、
回を重ねるごとにその感じは強まってきている!
昨日は検察側に林遣都、弁護側に木村多江、という豪華ゲストだったし。
被告人が老ロバで、しかも罪状が強盗致傷。
イヤ、確かに盗賊達の家を襲ったけれど、罪に問われるとは。
今までのブレーメンの音楽隊のイメージとはかけ離れるけれど、
そういう見方も確かにあるわな、と納得させられる展開。
というのが昔話法廷の醍醐味。
今日は竹中直人や吉田羊が出るらしい!
これまた楽しみ!



2018-08-14 06:12  nice!(2)  コメント(1) 

ひまわりの似合う季節 [雑事]

昨日の星陵×済美は最後までハラハラし続けた試合だったな。
途中、というか8回までは、ワンサイドゲームなので、
ながら見に近い感じで観ていたけれど、
済美が点数を重ねていくあたりから、
熱戦という言葉にふさわしい試合になっていたし。
タイブレークの末、逆転サヨナラ満塁ホームラン、という
ちょっと何が起きたんだか分からない^^結末でござった。
(頭を整理して考えてしまったぞ^^)

さて、先週末はわたくしの実家の方へ帰省、といっても日帰りだけど、してきた。
いつものように妹一家も交えてのお食事会。
その前に親の家を処分(今は両親はケアハウスみたいなところへ移っている)
したので、最後の記念に見てきた。
自分自身が育った家なので、感慨深くなるのかと思ったのに、
こう引っ越しが多い生活に慣れると、さほど執着心も沸かないな。
それでも少し写真を撮ったけれど。
それより親が元気なうちに終活をしているのに感心。
自分も見習わなければ。
で、帰りしなに父親から、ひまわりの花をもらった。
今住んでいるところでは、もちろん個室なので、庭など無いのだけれど、
敷地内(隅の方だけど)で花を育てることが許されているらしく、
行く度に植物が増えていた^^
で、今の季節にはひまわりをたくさん植えているので、
大輪のひまわりを二本切ってもらったのだ。
万博のひまわりフェスタに行きたいと思っていたので
(でもこの暑さで外出してない^^)
ちょうど良かった。
ゴッホのひまわりか、というくらい、デカくて迫力のある花なので、
ウチの花瓶に収まりきれるか、と思ったけれど、
無理矢理いけてある^^
鮮やかな黄色が夏によく合うのである!

今朝は本。



ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ

  • 作者: 森見 登美彦
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/05/29
  • メディア: 単行本


このたび映画化された”ペンギン・ハイウェイ”。
装丁が綺麗なので昔買っていたのだ。
もう一度読み返す良い機会だ♪


2018-08-13 06:14  nice!(3)  コメント(1) 

VS PARKに挑む [雑事]

今年の4月にオープンしたVS PARK、
一度は行ってみたいと思っておりましたが、
昨日、家族三人で行ってまいりました。
夏休みとはいえ、まだ平日だったので、
割とすんなり入れた。
2時間チケット制でございましたが、
なかなかの運動量で、十分楽しめたな。
アーチェリーとかカーリングとか、
激しく動かなくても楽しめるものもあったし。
(足つぼサッカーは、単純だけど、激痛が走ったぞ!)
特にはまってしまったのがビリヤード。
ナインボールを2ゲームしてしまった。
(台は二台あったけれど、殆どのグループが少し触ってやめていくので、
貸し切り状態だったぞ、ある意味。)
本格的なビリヤードではないので、少々しづらさもあったけれど、
いかんせんプールバー(死語か?^^)世代の親二人、
段々昔の記憶が蘇り、といった感じか?
つーてもわたくしはほぼ初心者だったので、へっぽこプレイヤーではあったが^^
たまにまぐれで当たるわたくしと娘を尻目に、
旦那は小気味よいくらいに決めておった^^
(ただし、途中から集中力が途切れて、グダグダとなるが^^)

また行ってみたいな、VS PARK。

今朝のBGM。


海のYeah!!

海のYeah!!

  • アーティスト: サザンオールスターズ,桑田佳祐,トミー・スナイダー,小林武史,門倉聡,斉藤ノブ,リアル・フィッシュ,片山敦夫
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 1998/06/25
  • メディア: CD


夏は車でこれを大音量でかけて、ドライブつーのが定番♪


2018-08-10 06:07  nice!(4)  コメント(3) 

ぶどうの季節 [雑事]

眼鏡市場のCMで、木村佳乃が”度付きサングラス”、と連呼しているのが
どうしても”ドツキ”と聞こえて仕方が無い、
関西人のはんちんぐでございます。
おかげで眼鏡市場をしっかりインプットしてしまったので、
思うツボ、にまんまとはまった次第でございます^^
(買わないけれど^^)

さて、ぶどうの季節と書きましたが、
今年も実家からぶどうが送られてきました。
といっても実家はぶどう農家ではございません。
もう、何年も前に(恐らく20年くらい?)
遊びに行った先で見つけたらしい(多分)ぶどう園のぶどう。
石舞台古墳の近くなので、しっかり奈良県産。
奈良県産のデラウエアは小さい頃からよく食していたけれど、
ここの種なし巨峰は別格だ。
今の季節は露地物ではなく、ハウス栽培らしいんだけど、
それでも甘い。
最近はシャインマスカットのように、皮ごと食べられるマスカットもあって、
今回も二房入っていた!
一昨日、昨日と、夕飯時のデザートに頂いたのだけれど、
家族三人の争奪戦、でござった^^

今朝のBGM。

世界でいちばん熱い夏

世界でいちばん熱い夏

  • アーティスト: プリンセス・プリンセス,富田京子
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 発売日: 1989/07/01
  • メディア: CD


プリプリといえば、わたくしはこの曲なのだ。
”M”や”Diamonds"も良いけれど、それよりもこちらの曲の方が
頭に残っているのだ♪


2018-08-09 06:05  nice!(2)  コメント(1) 

夏の全国高校野球 [雑事]

昨日はどこが立秋やねん!と言ってしまいましたが、
訂正いたします。
朝夕は涼しいぞ。
といっても朝の気温(室内)が28℃から27℃になっただけだけど。
それでも外は少しヒンヤリしていたかな?

先日から高校野球が始まっています。
周りに高校球児がいるわけでもなく、
甲子園に観戦しに行く、というファンでもなく、
何なら野球に精通している訳でもないのでございますが、
この季節は何となくテレビのチャンネルを高校野球中継に合わせてしまいます。
昨日も観た。
近畿勢が少なくなってしまったのが残念。
(まぁ、一つは和歌山×滋賀というつぶし合いだったが)
今年は100回記念大会なので、レジェンド始球式、なるものがある。
開会式はあの松井秀喜が投げていたな。
(偶然にも星陵の試合、という、これまた出来たお膳立て^^)
毎日、決勝戦の日まで続くらしい。
誰が投げるのか見たけれど、歴代の高校野球の名試合を投げ抜いた人がずらり。
わたくしも知っている人多し。
途中、板東英二、金村義明、つー二日間もあるのは、
一瞬、お笑い枠か?と思ったけれど、
そうではない^^
彼ら二人も凄い投手だったんだぞ!
若い子は”ゆで卵の人”と”おもろいおっちゃん”という認識しかないかもしれないけれども。

今朝のBGM。

ルパン三世のテーマ-ヴァリエーション&カヴァー集+カラオケ・コレクション-

ルパン三世のテーマ-ヴァリエーション&カヴァー集+カラオケ・コレクション-

  • アーティスト: 大野雄二,YOU & ’93 EXPLOSION BAND,池田正典,松浦俊夫,東京スカパラダイスオーケストラ,香取良彦ジャズ・オーケストラ,ザ・ベンチャーズ,新井俊也,ユー&ザ・エクスプロージョン・バンド
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2005/09/28
  • メディア: CD


高校野球の応援で、最近よく聞くなぁと。
新しい流行の歌も良いけれど、ど定番もよろし。


2018-08-08 06:01  nice!(3)  コメント(3) 

採血のエキスパート! [雑事]

今日は立秋でございます。
何処が立秋やねん!とツッコミたくもなる暑さが続きますが。
それでも今朝は若干涼しいのかな?(あくまでも日の出直後だけ)

さて、昨日は何とか健康診断を済ませました。
朝一だったので、久しぶりに、というかお勤めしていた頃以来、
本格的な朝のラッシュにもまれました、御堂筋の。
降りた最寄り駅もOL時代と同じだったので、懐かしいな、と。
ただし、駅の構内やら、地上に上がったときの光景やら、
全てが違うんだけど^^
で、健診。
受付を済ませると、いつものように各ブース(血圧やら超音波やら)を
グルグル回される。
今回も同じくビルのワンフロアが健診センターになっているのだ。
朝一だったせいか、どのブースもすいていて、
面白いくらいに進んでいく。
しかーし、問題なのは採血。
わたくしはいつもここで人の二倍はかかるのだ。
血管が細いらしい。
今までも適切な血管を探すのに時間がかかったり、
針を細いのに換えたり、
腕を左から右に換えたり、
ちょっと時間をおいてしてみましょう、と、他の健診ブースに行かされたり、
挙げ句の果ては両腕に絆創膏やら止血バンドやらを着けていたり、
と、ちょっと思い出しただけでも良い記憶が無い^^

しかし、今回は採血のエキスパートに出会ってしまった!
一応、採りにくいらしいんですけど、と看護師さんに言って、
両腕を見てもらったのだけど、
利き腕はどちらですか?と聞かれ、
右腕ですと答えると、すぐに、じゃ、左で、と採血準備。
え?いつもなら左は皆、取れないからと、利き腕の右でやり直すのに、
この人はチャレンジャーか?
と、思う間もなく、採血開始。
いとも簡単に血管を探り当て、数十秒で終了。

神だ!^^

血管が細いみたいですね、とエキスパートはサラッと言って、
お疲れ様でした、と。

プロの仕事を見たぞ!^^

おかげで一時間ほどで終わったので、
すんなり帰ることが出来た。
何なら、家について、大阪桐蔭の試合開始に間に合ったもの。

今朝のBGM。


The Very Best of The Beach Boys: Sounds of Summer

The Very Best of The Beach Boys: Sounds of Summer

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Capitol
  • 発売日: 2003/05/23
  • メディア: CD


夏といえば、”Kokomo"が映える♪


2018-08-07 06:26  nice!(3)  コメント(3) 

最初の食事がバリウム、の日 [雑事]

さすがに5時前に起床すると、
日の出前だったので、外が暗い!と思ったはんちんぐでございます。
自分は朝食抜きでございますが、
洗濯、諸々の用事を済ませて、となるとこの時間起床に。
何も食べていないのは大して苦にはなりませんが、
水分も取れないというのが少々辛い。
特に今年は。
それを思うと、早い目の健診時間で良かったのかも。
あぁ、早く済ませたい。
それはさておき。
去年の今頃は、東北旅行だったな。
短期間で宮城、岩手、青森、と移動しながら、あちらこちらを旅したのだ。
青森のねぶたも観た!(やはりこれが印象に残ってる!)
今年は旅行らしい旅行は予定していないけれど、
お盆には両方の親に顔見せ、くらいのことは考えている。
昔は、夏休みと言えば、田舎へ帰って、
虫採りに明け暮れたのだけれど。
今と違って、ゲーム機なんぞは無かったので、
本当に自然の中で遊びまくったな。



陽炎

陽炎

  • アーティスト: フジファブリック,志村正彦
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2004/07/14
  • メディア: CD


先日から何回も”陽炎”ばかり選んでいるような気もするけれど、
やはり夏になるとリピートされるのだ。
ライブでは久しく聴いていないなぁ。

さて、今日はすんなり採血出来るのか?!


2018-08-06 05:27  nice!(2)  コメント(1) 

前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]