So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ピーターラビットを観る [雑事]

前から気になっていた
”ピーターラビット”をやっと観ることができた。
洋画は基本的に字幕、と決めているけれど、
今回は吹き替えが千葉雄大くんだしなぁ、と惹かれるものの、
結局いつも通りの字幕の方に。
封切られてから少し経つので、お客さんもまばらだったけれど、
その分、ゆったりと観ることができた。
内容は詳しくは書かないけれども、
実写版ピーター(と仲間たち)はとにかくかわゆかったなぁ。
ピーターのちょっとした仕草、
特に困ったときの顔とか、悪巧みを考えている顔とか、
表情が人間ぽいのにウサギ、というアンバランスさに何故かはまってしまうのだ。
ウサギ好きでなくともあのキュートさは、
思わず可愛い!と思ってしまう。
トムとジェリー的なピーターとマクレガー(甥っ子)のバトルも楽しめた。
予告で知っていたけれど、結構な”仁義なき戦い”^^。
可愛いだけの動物映画ではないぞ^^
マクレガーもただの悪役(ピーターにとって)ではなく、
本当は優しいんだな、と思わせるところもあったり(橋の上でのくだり)、
落ち込んだピーターがよーしっ!と一大決心をして、
一気に大団円を迎えるところだったり、
おきまりのハッピーエンドとはいえすっかり感情移入しておった^^
久しぶりに観た映画だったけれど、大満足したのだ。

今朝のBGM。


大貫妙子 ライブラリー

大貫妙子 ライブラリー

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2003/10/29
  • メディア: CD


昨日のサントラではなく、
脳内リピートされたのは
大貫妙子の”ピーターラビットとわたし”だった♪


2018-06-14 06:12  nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 1

hanntinngu

皆様nice!有り難うございます。
by hanntinngu (2018-06-15 05:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

Facebook コメント

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]