So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

今回もレミは無双・・・ [雑事]

連休最終日、あさイチの時間帯に”もてなし家族に福来たる!”が
あったので観ていたのですが、
やはり平野レミは平野レミであった^^

このシリーズも長いけれど、
今回の料理は全般的に見た目も綺麗で、
料理番組の体をなしていた。
ただし、行程はいつも通りに慌ただしかったけれど。
つるつるワンタンすくいとか南国チャーハンは色合いとかあしらいも
豪華だった。
もてなし料理、というコンセプトだからか?
食べれば~シリーズも健在で、
確かに口の中に入れればおんなじか、と思わせるような料理が多かったな。
あとは、おったて。
料理に立てる、といえば伝説のブロッコリーがあったけれど、
今回もパセリを立てたり
(生放送中のレシピのテロップが、ちらし用のパセリ、おったて用のパセリ、
となっていて、爆笑してしまった・・・)
ピータン豆腐をおったてたり、と、
相変わらずのレミワールド。
でも何故か納得するし。

今回は料理の見た目の鮮やかさもさることながら、
吉田羊の手際の良さも鮮やかでござった。
ほぼ、レミのアシスタント。
料理番組並みの(つーか、これも料理番組なんだけど^^)
アシスタントぶりで、てきぱきと、しかも合間に面白くしゃべりながら、と、
あぁ、この人は頭の回転の速い人だな、と思った次第。

次回が楽しみ。

今朝のBGM。


昨晩お会いしましょう

昨晩お会いしましょう

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI Records Japan
  • 発売日: 1999/02/24
  • メディア: CD


”カンナ8号線”
これは確かレコードで買った記憶が。(違ったかな?)
この他にも好きな曲が多い盤である。
先週買い物に出た際、カンナが咲いていて、
思わず脳内に浮かんできたのだ、サビが。
あぁ、夏だな、と。


2018-07-18 06:13  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

”手紙”のティザー映像あれこれ [雑事]

蝉の声がしない、と先週書きましたが、
何のことはない、それからすぐにいつものように、
早朝からの蝉の声で目が覚めるくらいには鳴いております。
やはり夏は蝉の声がしないと。

さて、↑の”手紙”の話。
山総氏の”それでは聴いてください、”東京”・・・。”の
パワーワードというかパワーフレーズに、
(新曲”手紙”を披露する直前のMCでやらかした、のだ^^)
笑いを通り越して感心してしまったのであるが。
多分、東京に出てきて、とか、東京を連呼したがために、
感動的なMCの後につい言ってしまったんだろうな。
しかーし、フレパ最終日に言うか、それにしても^^
まぁ、”手紙”はティザー映像込みで割とヘビロテしているのだ、我が家では。
やはり、地元が映っているというだけで、
テンションも上がるのだ。
前にも言ったけれど、活動範囲内の場所があれやこれや出てくるのもその理由の一つ。
その中で、どうしても気になる、
というか既視感のある、でも何処か分からない場所があった。
ゆるいかでも山総氏が言っていたけれど、
”何処にでもある風景”を切り取っているから、
これは自分の心象風景なのかもな、と最初は思っていたのだけれど、
それでも何か引っかかるような・・・。
で、先日気づいたのだ。
これは彼処ではないか、と。

思い切り家の近所でござった。

何気なくいつも通る道なので、全くもってノーガード?でござった。
へ~、こんなところまで来てはったんだと思うと同時に、
もし遭遇していたら、まぁお茶でも、と言うくらいの目と鼻の先の場所。
イヤ、言わないし、遭遇もしてないし^^

気づいたときは、
年甲斐もなく、グへェ、と変な声を出してしまったよ^^

今朝のBGM。




東京

東京

  • アーティスト: くるり,岸田繁,シュガーフィールズ,佐久間正英
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 1998/10/21
  • メディア: CD


例のやらかしのあとに、ワンフレーズ奏でたらしい♪


2018-07-17 06:18  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

安心できる定番ドラマ、”遺留捜査” [雑事]

なんだかんだ言っても、
ある程度のクオリティは期待できるのが定番ドラマ。
というわけで、観てしまったのだ、”遺留捜査”。
全シーズン観てたわけではないけれど、
糸村&村木の掛け合いが懐かしくなったもので。
昨日のはスペシャルだからか、
やたらと豪華ゲストでござった。
途中、お風呂タイムだとかで中断したのが悔やまれる。
風呂から出ると、松下由樹は死んでるし、
風呂上がりのドリンクタイム(といってもアルコールではない)
で目を離したすきに中村俊介が捕まるし。
思わず、光彦(浅見光彦)何やってるの、と言ってしまった^^
それでもいつものしんみりラストが身にしみた。

今朝のBGM。
”電光石火” byフジファブリック

投球練習を始めた山総氏を見る。
なかなかのフォームだと思う、多分。
嵐のような(盛り上がりも天候も)フレパが終わったので、
若干ロス的になっているのか、
思わずオリックス×楽天のチケットをこっそり買ってしまった^^
ガチな野球ファンでもないのに、
試合開始前から行ってしまうぞ♪




2018-07-13 05:52  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

”高嶺の花”を観たけれど [雑事]

ここ数日の日テレでの峯田出現度が余りにも高くて、
彼は日テレに住んでいるんじゃないかと思うくらいに
バラエティに出ていたな。
ドラマの番宣とはいえ、ここまで出るのか、つーくらい。
極めつけは昨夜の”今夜くらべてみました”。
もはやロックバンドの人ではないぞ^^
そこはかと漂ってくる変態性が、誰かを思い起こさせてしまったけれども。
(好みの女性のシャンプーの香りを当ててしまう人)

で、まんまと番宣作戦に引っかかって
”高嶺の花”の初回を観たのだけれど。
感想は、というと、
うーん、どうなんだ?
石原さとみの高飛車で名門家元の娘、つー設定は良いとして、
あんなお嬢様然とした人が下卑た感じになるかな、と思ったり。
華道の世界は知らないけれど、
まるで火サスに出てくるようなステレオタイプの感じなのか?
千葉雄大まで出ているというのに、
なーんか次回を観るかどうか微妙かも。

今朝のBGM。


色色衣

色色衣

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック
  • 発売日: 2004/03/17
  • メディア: CD


”魚”をヘビロテする季節がやってきた♪


2018-07-12 06:04  nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

蝉の声がしない [雑事]

梅雨明けとなり、いよいよ本格的な夏。
週明けから気温も上がり、昼を過ぎるとエアコンつけなきゃ
やってられない!てな感じでございます。
・・・とここまでは例年通りの夏の迎え方なのでございますが、
今年は何かが足りない。
で、よ~く考えてみると、
今年はまだ蝉の鳴き声を聞いていないのでございます。
いつもなら、早いときには7月に入るか入らないかのうちに、
家の周囲でなくとも買い物途中とか、木々の生い茂るところでは
ミーンミーンとうるさいくらいに聞こえてくるのに。
地震があったり豪雨があったりしてすっかり忘れていた
蝉の存在でございますが、
うるさいと思いながらも全く聞こえないのもなぁ。
風物詩は必要だ、と思う今日この頃。

今朝のBGM。

ENDLESS SUMMER NUDE

ENDLESS SUMMER NUDE

  • アーティスト: 真心ブラザーズ,真心ブラザーズ,桜井秀俊
  • 出版社/メーカー: キューンミュージック
  • 発売日: 1997/07/21
  • メディア: CD


そして夏の風物詩と言ったらこの曲。
”サマーヌード”の方も良いけれど、こちらのアレンジも好き。
夏が来た!と思わせる楽曲♪


2018-07-11 05:44  nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

チキ弁を買う [雑事]

ライブに着ていった、アロハ風ブラウス(結構なテキ屋感^^)
をクリーニングに出して、これで完全にフレパ終了、
てな感じのはんちんぐでございます。

さて、ライブ翌日は、天候が良ければ名古屋観光でもしようかと思っておりましたが、
いかんせん雨雲がどう出てくるか分からないところだし、
今動いている新幹線もいつ止まるか分からないので、
早々に帰宅しました。
しかし、思ったよりも名古屋は近い。
Door to Doorで2時間て。
これはこれからの遠征場所に・・・と期待してしまったがな。
で、昼ご飯は新大阪駅の駅マルシェでも寄って、と
構内をうろうろしました。
駅マルシェはここのところよく利用するので、
定番の551はすぐ買ったけれど、
ふと見ると店がかたまった位置から少し離れたところに
チキラーハウスが!
以前住んでいた所の近くにカップヌードルミュージアムがあったので、
チキンラーメンやひよこちゃんグッズは知っていたけれど、
チキ弁なるものは知りませんでした。
思わずパッケージ(弁当箱)のかわゆさに惹かれて勢いで購入。
中身は鶏弁と変わらないけれど(鶏の照り焼き、炭火焼き、錦糸卵がのっかってる)
砕かれたチキンラーメンが加えられているところがミソ。
結構なボリューム。
本当は駅弁でも買おうかと思ったけれど、これにして正解だった。
一時間もしないうちに家について、早速頂きましたが、
朝がコンビニで買ったおにぎりとかくらいしか食べていなかったので、
凄い勢いで食らってしまった^^

今朝のBGM。


SUPER!!(初回生産限定盤)(DVD付)

SUPER!!(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMAR
  • 発売日: 2016/11/16
  • メディア: CD


”夜の中へ”に合いの手が入ってしまっている!
こんな曲だったっけ!^^
と、フレパで感じてしまってから、イメージが変わってしまった♪


2018-07-10 06:14  nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

フジフレンドパーク2018@Zepp Nagoya [雑事]

交通機関がえらいことになっていたので
早い目に家を出たわたくし。
90分遅れの新幹線(もはや時刻は関係ない、来たのに乗れという感じ。)
の自由席になだれ込むように乗って、でも座ることが出来て、名古屋に到着。
ホテルでまったりしておりました、グッズ販売まで。
幸運にも(というか狙ってたけど)Zeppの近くのホテルにしたので、
晩ご飯とかも近くでテイクアウトしたり、
とにかくライブまで英気を養うことが出来たのだ。
(移動で結構疲れたので。)

そしてライブ開始。
まずはゲストのスカパラ。
10年ぶりくらいか、スカパラのライブは。
でも盛り上がりは変わらなかった。
つーより、以前よりもパワーアップしていたような^^
暫く離れていてごめんなさい、てな感じ。
でもスカミー(SKA ME CRAZY)とかダウビー(DOWN BEAT STOMP)とか
ノリ慣れた曲がかかると自然と体が動いたな。
平均年齢アラフィフの方々とは思えないくらいの運動量、でござった。
中央より少し後ろのセンターだったけれど、
皆お立ち台に乗ったり、跳んだりしてくれるので、よく見えたし。
NARGOさんもアジ、するんだ、とか、ピアニカ光る!とか、
北原さんにつっこんでる、とか、
ほぼほぼNARGOさんしか見ていない、”なごや~”健在なはんちんぐ♪
本編フジまでに汗だくになったがな。
途中で山総氏を迎えての”銀河と迷路”に、
聴きたいなぁと言っていた娘は大満足。
欣ちゃんとのツインボーカルは貴重だな。
山総氏が律儀に欣ちゃんに向かって話すので、お客さんは暫く彼の後頭部を見続ける、
という変な時間があったけれども^^

そして本編フジ。
前週の時にも書いたけれど、曲の間が流れる感じで、
そしてスカパラに寄せてきたのか殆どの曲がアップテンポ。
あ、”踊れない踊る曲”、もあったな^^
(基本、oioiは苦手なんだけれど、今回に限っては許せた。)
で、曲紹介無しですぐに入った”美しく燃える森”。
もう、このイントロが流れた瞬間、ふにゃ~っとなったがな。
ここで、予告無しのカバーをする、ってところにセンスの良さを感じたぞ♪
山総氏のMCがいつもよりも長めだったけれど、
伝えたい!と言う気持ちが前面に出ていて印象的だった。
(それでも、”今日、何年?”などと口走るところは健在だったが^^)
ラストはホーンズを迎えての”パレード”と、
スカパラ全員呼んでの”Surfer King”!
圧巻!の極み♪
ツインギターにツインベース、ツインドラムにツインキーボード、という
もはや何が何やら分からない状況^^
盛り上がらずしてどうするんだ、という感じ。
三時間余があっという間でございました♪
ホテル取っておいて良かった、日帰りは絶対無理!というくらい
疲れました、体は。
ただし、心は大満足♪
そうそう、谷中さんはどうしてもチャンダイ先生を祝福したいらしく、
アンコールでもウエディングマーチ吹いていたな。
ただ、それを聴いてる金澤先生の隣に沖さんがいるものだから、
どうみても二人が新郎新婦みたくなっていたけれど^^
(もちろん新郎沖、新婦金澤、の図だ^^)

かくして、わたくしの今年のフレパは終わったのでございます。

今朝のBGM。



Stompin' On Down Beat Alley (CCCD)

Stompin' On Down Beat Alley (CCCD)

  • アーティスト: 東京スカパラダイスオーケストラ,谷中敦
  • 出版社/メーカー: カッティング・エッジ
  • 発売日: 2002/05/22
  • メディア: CD


結構、この中の曲の比率多し。
だから置いてきぼり食らわなかったんだけれど。


2018-07-09 06:30  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

銀迷美森♪ [雑事]

フレパ弾丸ツアーからの帰宅。
実は午前中に着いていたけれど。
今回もひぜうに良かった。
山総氏ボーカルで”銀河と迷路”と”美しく燃える森”を堪能するという
至福の時♪
詳細は週明けに。

取りあえず、疲れておるのだ^^


2018-07-07 18:40  nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

そして私は名古屋に行けるのか [雑事]

大雨でございます、昨日から。
そんな中、わたくしは昨日美容院に行っておりました。
お店の方と先日の地震の話なぞをしながら、カラー、カット、ヘッドスパ、
というフルコース(わたくしの中で)で施術してもらいました。
ヘッドスパは余りにも気持ちよくて、思わず寝かけてしまいましたが。
道中、ほぼほぼティザー映像巡りっぽい経路。
ただ違うのはところどころに見えるブルーシートと、ひび割れた縁石。
でもこの間山総氏も言っていたけれど、
人は皆いつもと同じだったよ。
帰り道、たこ焼き買ったときにそう思った。

そんなノスタルジックな気分ではいられないのだ。
今日は名古屋でフレパなのだ。
昨夜は最新情報を得たいのでNHKをずっとつけていたけれど、
テロップが多すぎて、何が何やら分からなくなったくらいだ。
途中で、避難云々のケータイ通知はくるし。
(自分のところは地域外だけれど、市内なので必然的に鳴るのだ。)
気ぜわしい。
JRの運休も多いし。
少し早めに出るのがよいのか?

今朝のBGM。


Gunslingers~LIVE BEST~

Gunslingers~LIVE BEST~

  • アーティスト: 東京スカパラダイスオーケストラ,冷牟田竜之,デューク・エリントン,ジュアン・ティゾル
  • 出版社/メーカー: エイベックス・トラックス
  • 発売日: 2001/03/14
  • メディア: CD


スカパラのライブに行きたくなったきっかけのアルバム、
と言っても過言ではない。
かなり前の盤だけど、このノリの良さは今も変わらないと思う、思いたい。
今日はフジはどんなカバーなんだろう♪


2018-07-06 06:05  nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

錯視の世界 又吉直樹のへウレーカ! [雑事]

昨日は久しぶりにじっくりとへウレーカ!を観た。
なんと言っても錯視、の世界は大好きだからだ。
錯視の本ではないけれど、
つい最近安野光雅の旅の絵本の新刊も買ったばかりなので、
実にタイムリーなのだ。
実際、ご本人も出ていたし。
そういえば昔、エッシャー展も観に行ったな。
人はどうして、錯視の世界にはまるのかなぁと思いつつ、
昨夜はその世界にどっぷりとつかっておりました。

今朝のBGM。

ふしぎなさーかす (安野光雅の絵本)

ふしぎなさーかす (安野光雅の絵本)

  • 作者: 安野 光雅
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1981/04/30
  • メディア: 単行本


番組では”ふしぎなえ”の方を紹介していたけれど、
わたくしにとっての安野光雅作品は、この本が最初だった記憶がある。
幼稚園で購入する月刊こどものとも、のうちの一冊だった。
何度も何度も見ていた記憶がある。
ここから錯視、だまし絵の世界にはまっていったのだ。


2018-07-05 06:05  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]